新歓釣行@城ヶ島(4/29)

こんにちは。長谷川です。

今回は先日行われた城ヶ島での新歓釣行についてご報告します。

この日はゴールデンウィーク真っ只中だったので現地はすごい混雑でした、、、、
というわけで、新歓釣行では新入生に釣りをしてもらい上級生はその指導に当たりました。
竿とリールの取り付け方から始まりリーダーと仕掛けの結び方や投げ方を上級生が懇切丁寧に教えていました。

毎年、釣れないことで名高い新歓釣行ということで、それほど期待していなかったのですが、釣り開始数分で新入生から「つれた!」との声が。

Image_9c45c1d.jpg
ハゼ君でした。
すごくうれしそうです!!!
初めて釣れた時のうれしさを思い出させてくれますね!!!
その後もハゼハゼハゼハゼ、、、、、、
Image_9ad6d56.jpg
Image_6efbfa6.jpg
Image_1bdeb10.jpg
新入生は釣れたらうれしそうに魚と一緒にツーショットを撮っていました。
ハオコゼを新入生が釣って、喜んで触ろうとしたときは上級生一同、冷や汗をかきました、、、、

その後お昼ご飯や観光を挟んで4時過ぎまで釣りを楽しみました。
Image_47282b3.jpg
Image_81a027a.jpg

釣れなくて盛り上がらないかなぁ、という心配をしていたのですがそのようなことなく終始盛り上がっていました。
上級生は毒魚が釣れないか終始気を配っていたので疲れ果てて帰りの電車ではみんな寝ていました。

新歓合宿前に上級生と新入生の仲が非常に深まり、また新入生が道具の扱い方も慣れてくれたので非常に有意義な釣行になりました!!!

以上で新歓釣行の報告とさせていただきます。
スポンサーサイト

月例釣行@としまえん(3/12)

こんにちは、長谷川です。
今回は前回の反省を生かして当日投稿です。

さて、今回は4月に行われる新歓釣行に向けてとしまえんで月例釣行を行いました。
しかし、3月ということでみんな忙しいようで今回の参加人数は3人、、、(本来は4人のはずでしたが風邪で一人休み)

気を取り直して、更新日の3/12は月曜日なのですが普段、としまえんさんでは月曜日に放流を行っているので(金曜日にも行っています)3人とも爆釣を夢見てとしまえんに向けて足を運んだのですが、悲しいかな、なんと混んでいました、、、、、
平日だから大丈夫かなと思ってこの日を設定したのですがどうやら卒業式を終えたであろう方たちが結構な人数いらっしゃってました。

なので、撮影した写真の多くにほかの方が映ってしまい冬合宿のブログと同様に写真が少ないです。

さて、釣りの話に入ります!!!
最初のヒットは私!!!!トラウトは2回目(ルアーは初めて、しかも今回がトラウトの魚初ゲット!!)うれしい!!!
海水のお魚と淡水のお魚で釣り方がこんなに違うとは、、、トラウトを専門にやってらっしゃる方たちの気持ちがよくわかりました!!!と、トラウト初ゲットではしゃいでて写真を撮るのを忘れた代わりに文字で喜びを表現してみましたがいかがでしたでしょうか。

次のヒットがアマネ君!!!1時間遅れでやってきた彼は数投でゲットしてしまいました、、、僕は数十投して一匹なのに、、、ぐぅ、、、
そして、写真は撮ったのですが別の方が映ってしまいトリミングしてもダメだったのでここには上げられません、、、アマネ君ごめん、、、アマネ君はその後飽きてしまったらしく早くも納竿。

そして今日のメンツ最後の岡田君は全くゲットできません、、、
と、ここで!
1.jpg
スプーンを釣りあげました!!!おめでとう!!!
そして、ラスト5分でついに、
写真 H30-03-12 15 29 07
ゲット!!
とてもうれしそうでした!

最後は仲良く魚の内臓を処理して帰宅しました。

以上、活動報告でした。

6月月例 6/11


こんにちは。

竿友会同好会です。

6/11に手長エビを釣りに川崎へ行ってきました。

17061100_2017090323171083a.jpg



手長エビは川で狙えるとても身近な生き物で、しかも簡単であるので取っ掛かりやすいターゲットといえます。

今回は一部2年,3年にシーバス狙いの人がいます。数人。


今回も試験前ということで全員は参加できなかったものの、1年生を中心にたくさん集まりました


手長エビは昼間、テトラや石の下の暗いところにいます

というのもエビ自身、魚や水鳥からもおいしいと大変高い評価を受けているようで

光のあたるところにいようものなら真っ先に食べられてしまうからですね


逆に、上記の理由から日中はテトラ帯を狙えばいいので楽ですね


到着してみると、狙い通りテトラに降りられるほど水が引いています

個人的に干潮の時間に合わせて到着して、満ちるにつれてつりやすくなる

のような釣行が好きです。あまり関係ない気もしますが。


170611011.jpg

釣れます。


17061102_20170903231711019.jpg

釣れます。

17061103_201709032317134c0.jpg

テナガエビはこの時期になるとメスが卵抱えてますね。


なんとなく卵はおいしくなさそうなのと泥抜きする前に個体が死んでしまうのでリリースします。


泥抜きの必要はあるのか?という疑問が出るかもしれませんが、


場所が鉄道の鉄橋の下で油とか落ちてきそうなところだし何よりテトラが臭いので気分の問題で泥抜きします。


17061104.jpg

大漁ですね
今回も自作生かしバケツで持ち帰ります。

17061116.jpg

17061117.jpg


一方シーバス組はあたりがあっただとか鱗だけつれたとか言ってますが・・・ボウズ。
17061105.jpg


最後に集合写真
17061100集




17061106.jpg

今回の一番大きいのははさみ込みで15cmですね



そのまま泥抜き。



3日後・・・
各家庭に持ち帰られ、それぞれ調理されました。
おいしそう。
17061108.jpg

17061109.jpg

17061110.jpg


一番釣ったのはもちろん私でしたが、食べませんでした。
というのも3日間という短い間ですが面倒な水換えや温度調節のために氷を買いにコンビニへ走ったり
酸素供給のために買った電池式のエアポンプの電池を買いに走ったり・・・

愛着がわいちゃったんですね。かわいいんですよつぶらな瞳で。

17061107.jpg

3匹は生物部へ譲渡されて飼育
ライトを当てると綺麗ですね
17061111.jpg

17061112.jpg

17061113.jpg

17061114.jpg



というわけで今回は6月月例のテナガエビ釣行の記事でした。
簡単な仕掛けと身近なエサ、合計で500円かからないくらい
10人以上で行ったのに合計1300円かからないほどでしかも酒のつまみになるくらいは釣れるしおいしいです
エビチリなどにするのもいいかもしれません。テナガエビ、おすすめです。


では。

4/23 新歓釣行@城ヶ島

こんにちは。
竿友会同好会です。

最近暑くて暑くてたまりません。こんな日は川や海にいってひとつ泳ぎたいものです。

さて、またもや1か月前の内容ですが新歓釣行の記事になります。

去年と同じく、神奈川県、城ヶ島に行きました。花暮岸壁です。

こちら、去年はタケノコメバルやハオコゼ等釣れました。ほかには隣接した釣り堀から逃げ出したマダイが釣れるそうです。

さて今年はというと釣れるのはウミケムシ、ホヤ、カラス貝…、アンデッド化した餌木、また釣り人が残していった仕掛け…

せめて魚をつらせてください!!!!

ほかにはハゼがチラホラ、ハゼは小さいくせに引きが強いからなかなか面白い。

上級生はテトラに登って穴釣りでカサゴを狙いますが不発。去年はベラがかかったのでベラくらいはかかってくれないかと思ったんですが魚影さえなし…

またすぐ根がかり…と思いきやショウジンガニ。私は食べないのでリリースしますが味噌汁にすると結構イケるらしいです。

そんな中、観光組は…

17042301.jpg

水中船遊覧…

17042302.jpg

餌付けされているようでお魚は大騒ぎ。

(いいなぁ…)

17042303.jpg

上級生が穴釣りで難儀している中、新入生の古郡君は投げ釣りでカレイをゲット!
2枚ものカレイを釣りあげ、こちらは2枚目の写真。
1枚目のカレイはそれはそれは大きかったです。

そんなこんなで新歓釣行の釣りは終了。

17042304.jpg

まぐろ漬けなのにカジキのデザイン?
こちらのお店でお土産を購入して、帰宅。

今回の釣行の目的は道具になれること、でしたのでその目的は達成したものと思われます。

17042305.jpg

先ほどの大物、左を向いていますがカレイです。
唐揚げにていただいたそうです。
釣りのいいところは釣った魚をそのまま食べる、新鮮な魚を味わえるところにあると思っています。








オマケ



遠藤「お!竿が重いぞ!これはなにかきてる、俺にもカレイきたあああああ!!!!」

17042306.jpg


今後も竿友会をよろしくお願いします。

3/14 3月月例釣行

メンバー
2年 遠藤、高野、藤澤
1年 青柳、岡田


今回の月例は豊島園の管理釣り場、としまえんフィッシングエリアでトラウト釣りをして来ました。
今回のメンバーは全員トラウト釣りの経験があるため、指導することが少なくスムーズに釣りを始めることができました。

201703141

201703142


はじめの方は魚の活性が高かったのか、スプーンを投げて巻いているとすぐに魚が食ってきました。しかしバラシが多くなかなかチャンスをものにできませんでした。
時間が経つにつれてアタリの数が減っていき、スプーンの色を変えてもアタリがなかなか来ませんでした。序盤にバラしてしまったことが悔やまれます。

201703143

201703144


最後に釣った魚の内臓をとって集合写真を撮りました。(1名予定があり早退)

201703145


釣った魚は各自美味しくいただきました。

201703146


201703147