2011年全国大会エギングの部

text…今出

更新遅くなってごめんなさい!
10月8、9、10日に行われた全日本学生釣魚大会エギングの部に出場した今出です。

さて、このブログを読んで下さっている方で、エギングって何のことかわからないって方もいるかと思いますが、簡単に言うとエギングとは餌木と呼ばれる海老に似せた擬似餌(ルアー)でイカを釣っちゃおうとって釣りです。
基本的な動作はエギをボトムまでフォールさせ、シャクりで誘いをいれてまたフォールさせ、イカを餌木に抱かせるというどっちかというとスローな釣りなんですが、イカが餌木抱いた瞬間の「ゾゾゾッ(笑)」って感じとか、墨吐いて怒ったイカの愛らしさとか、ハマると結構愉しい不思議な釣りです(^^)特に能登などの日本海側はイカ影が濃いのでエギングはオススメですよ(^^)



さて大会の方なんですが、結果の方は自分はアオリイカ2杯(1杯は検量対象外)で8位という結果におわりました。
第1Rの東一文字、2Rの漁港ともアオリイカの接岸状況が芳しくなく、競技出場者中たった8人しかアオリを釣ることができなかった程シビアな大会となりました。(優勝者はアオリ3杯)


自分は去年もこの大会でエギングの部に出場しており、今年は入賞の方もちっーとばかし狙ってたんですが、釣りってなかなか思うようにはいかないですねー(^^;)笑



しかしながら、大会前日の夜にエギングの部の皆さんとケンサキイカ釣りに遊び行ったり




私です(^^;)




東京海洋大の大城さんです




アカイカかな?





ヘッドライトしながら10人くらいで釣ってました。アカイカ爆釣で、ほかにアオリ、カマスも釣れました(^^)





大会後の夜は出場した方々と夜遅くまで飲み明かしたりと、すごく楽しい大会となりました。一緒に出場した竿友会の皆様、いつも一緒に釣りに行ってくれる関東支部の皆様、関西支部などの学釣連の皆様、大会に出場した各大学の皆様、大会実行委員の皆様、大会に協力して下さった能登半島の方々本当にありがとうございました(^^)また来年もよろしくお願いします!




来年はもっと技術を磨いて私の個人的な順位も学習院の総合順位も両方上げたいなと思います。
できれば3位以内に入って賞品を貰いたい(><)笑



最後はソルトルアー部門と閉会式ですね。太聞くんよろしく(^^)
スポンサーサイト

2011全日本大会 バス部門♪


お疲れ様です!
バス部門で出場した秋場姉です♪
更新遅れてごめんなさい

さて、大会ですが今年は9人という大所帯で参加しました!
9人ですよ!信じられません!!
釣り部は今年に入ってますます成長できたなぁ、と実感しております

バス部門はというと、今年も多根ダムで、大きな県営?の少年自然の家、みたいな所に宿泊しました。
今年も女子は参加者いなくて、昨年に引き続きリーダー室で孤独に過ごしておりました。笑
ソフバンは相変わらず電波もなくて、私は出発日に熱が出ていた状態でもあったので、とにかくずーっと寝ていました。

そして試合当日!
朝はめちゃくちゃ冷え込んでいましたが、お昼は暖かくなってきて釣りしやすい気候に♪

バス会場
バス会場 posted by (C)GFC

しかし、昨年もそうでしたが、釣れるバスは20cmのキーパーサイズに満たないバスばかり…。

去年釣れたポイントも今年は沈黙…。
同じ場所、同じ時間、同じ仕掛けでも釣れないもんは釣れないんですね。

余談ですが私がもう1つやってる射撃というスポーツは、毎回同じ 姿勢、呼吸、撃発タイミングで、それが寸分の狂いもなければ安定して10点がとれます。
まぁそれを完璧にこなすのは口で言うほど簡単ではないので難しいスポーツなのですが
ただ、こっちが完璧なら必ず結果は付いてきます。

でも、釣りってそうじゃないですよね。努力が報われないかもしれないし、私が未熟ってのもあるけど先が全く読めない!
その代わり初心者でも釣れるかもしれないし!
生き物を相手にするスポーツならではの不思議な面白さがありますよね!


と、話はそれましたが、肝心の大会は私がもたついてる間に午前タイムアップ
結局ギリギリ20cmちょいのチビバスを計量にもってって終了…

これはヤバい!なんとかしないと、と思いつつも解決策が分からない…
午後もそんな調子でチビしかかからないし!

焦りばかり募ります。
ちょっとでも順位を上げたい一心で最後まで諦めないでキャストを繰り返したら…
ガクン!って当たりとともに念願の明らかなキーパーサイズが!!

これは慎重に上げないと!!
ドキドキしながら巻こうとしたら…ブチン!


・・・・まさかの糸を切られました・・・・
ラスト5分の悲劇
今までバスにラインを切られた事ないのに!なんでこのタイミング!!

往生際悪く、最後の1秒まで粘ったけど、それを最後に当たりはありませんでした
でも、釣れてる人は釣っているので、フィールドってより私の力不足が原因だと思います


終わってみたら本当にしょぼい結果になってしまいましたが、今回は4年生の最後の全日本大会で、学習院の部活としての成長を感じる事ができたので、とっても満足してます!!

全日本出場者が去年の3倍になり、2年連続で1年生が出場し、1年~4年生まで全学年に参加者がいるなんて、うちの部には大きな成長だと思います。

集合写真
集合写真 posted by (C)GFC

全部を仕切ってくれた主将のしょうちゃん  たった一人で石川まで爆走してくれた村井君   ムードメーカーの明るいまなみん  いつも絶妙なツボで爆笑を誘うゆみこちゃん  タイミング変だけど笑い声で場を和ますえみか  釣り部の頼れるエースの今出っち  いつも気がきくサービス精神旺盛な太聞兄さん  1年生でいじられまくりな可愛い先生

みんながそれぞれの役目を果たして協力できたので、とっても素敵な大会になりました
(なんか上から目線ですいません

それと、関東チームのみなさん!全日本で会うと妙な連帯感。笑

関東チーム集合!
関東チーム集合! posted by (C)GFC


特に一緒にボート乗ってくれた海洋大のうっちー、今大会3位に入賞した慶応の市毛君!
バス大会で孤独死しそうなところを救ってくれてありがとう!!!笑
今度ぜったい飲みましょう!!


今回は熱出てたし、終わったら急いで大阪に行かなきゃと、個人的には割とハードな大会でしたが、行ってよかった!!来年はこのブログから後輩のみんなの雄姿を楽しみに見ます♪


ではでは、あとはエギとソルトルアー部門ですね!更新よろしく!

投げ釣りの部

どうも三年の大井です。




25回全国学生釣り選手権についてです!




開会式とふかせ釣りはテツロウさんが書いてくれたので…





このブログをOB・OGも見ていただいているそうですし、よく分かっていない部員もいると思うので、まず軽く今大会の説明します。





そのあと自分が出場した投げ釣りの部について書きます。






この大会は石川県能登半島を舞台に全国から学生が集まり、投げ釣り・フカセ釣り・エギング・ソルトルアー・バスフィッシングの5部門に分かれ競技をします。






それぞれの種目の順位ごとにポイントがつき、5種目の合計で争う団体戦というのもあります。






ちなみに今大会は26大学128名が参加しました。(数字が違いましたら、申し訳ないです。)











さて投げ釣りですが、開会式の会場である本部のホテルのときんぷらから、約45分の珠洲市鉢ヶ崎海岸で行いました。




会場の砂浜のすぐ裏のログハウスが宿でした。部屋はとってもキレイです。朝ご飯の弁当もおいしいですし、昼と夜は温泉の食堂で食べれます。温泉も入れます。



なので投げ釣り部門、環境的にはオススメです。




肝心の釣りですが、フグがかなり多くハリをかなりの確率でとられました。仕掛けは12セット用意していたのですが、昼過ぎには全部なくなりました…





仕掛けをお譲りしてくださった方本当にありがとうございます。







結局、6匹で109gで21名中13位という結果でした。
ちなみに優勝した方は約1000gだったかと。





競技終了後、色々と他の参加者に話しをうかがったのと自分の経験から来年出る後輩へ…






・砂浜のずっと奥のいちばーん東側にキスがいる



・仕掛けは大量に持ってくる



・ハリは4か5号が好ましい



・フグ多いから巻くスピードは速めに



・朝と夜はかなり寒い




まぁオレが競技した日だけに、当てはまるのもありますけど参考程度に。





最後に。宿が一緒だったみなさん、大会を運営してくださった方、一緒に参加した学習院の8名、書類とお金の管理してくれた主務と会計さん。
無事に楽しく大会に参加できました。どうもありがとうございました。



10/9 全国大会 フカセ釣りの部

member…村井先輩、伊藤
text…伊藤

学釣連の新歓合宿のときに磯竿でバスを釣ろうとして以来、ガチ磯釣り師との称号を与えられてしまった私は、全国大会で磯釣りでの出場を即決(笑)


昨晩は速攻で就寝し、4時起床、5時から渡船で大沢海岸の磯に渡ります。

ところが、急きょ、いくつかの磯に分かれて乗ることになり、師匠の村井先輩とはぐれてしまいました。
1人で釣りをするのが大嫌いな私は、孤独とハチと闘いながら釣りをすることに…

ハチというのはですね。
コマセの入ったバッカンにスズメハバチが寄ってくるんですよ。
何故か私のバッカンにばかり
30分おきくらいに巡回に来ます。
危うく刺されかけて、怖かったです!
どうしてじっとしているのに離れないのでしょう?
別にコマセを塗りたくっているわけでもないのに…


前置きはそこそこに、釣りの話です。
釣りに没頭し、写真は船を待つ間にしか撮れていませんのであしからず。

フカセ部門2
けっこう広い磯でした。

私は、釣りやすい平坦な場所に陣取りました。

フカセ部門3
磯際には岩が張り出していて、先端では渦が巻いています。

私の磯ではフグスズメダイが湧いており、手前に集めてかわしながら沖を流してメジナを獲ります。
しかし、そのメジナが小さく、18cmくらいしかありません。
キーパーサイズが20cmなので、ちょっと足りない
メジナはそれなりに釣れるのですが、キーパーサイズは半分もいません…木っ葉祭り(・_・;)
底のクロダイ狙いに変えてみるもアタリなし。
結局、20cmちょいのメジナ5尾を検量にかけました。

ちなみに、インストラクターの森下省三さん(釣研FG石川支部の支部長をされている方です)は、同じ磯の沖向きで30cmオーバーのメジナを5、6尾揃えた後、エギングでアオリイカを釣っていました。


一方、村井先輩は、釣り座が潮の流れが集まるところにあたり、アジなどの餌取りの猛攻に遭ってしまい難しい釣りだったようです。どうしようもない状況下でメジナの釣果をあげていたのはさすがです


結果は、40cm超のクロダイをはじめ、メジナ数尾を揃えて4kgオーバーの釣果をあげた方がトップでした。
やはり釣り座の選定とエサの違いでしょうか。
まだまだ釣り師までは修行が足りませんね
結果はダメでしたが、初めての沖磯でいい経験になりました。
また来年、雪辱を果たします
森下さん、運営スタッフの方々、ありがとうございました。

フカセ部門4
これでも大きいほうです。


旅館に帰って、カレーを食べ(朝昼おにぎり1個ずつだったので久々の食事)、部屋で一休みして夕食。
しかし、この夕食が凄まじかった。

全員分の釣った魚を料理して頂いたため、とてつもない量のおかずに!!
クロダイの刺身アジの刺身ボラの塩焼き、そしてなんといっても、わんこメジナ
メジナの塩焼きを食べ終わると、次のメジナが運ばれてきます。
宿の女将さんの売り込みに負けて、ついつい食べ過ぎてしまいました。

そんなこんなで部屋に戻るとバタンキュー。


フカセ部門5
翌朝は朝食の後、本部へ出発しました。


それでは、他種目の先輩方にバトンタッチします

10/8~10/10 全国大会@能登半島

member…秋場真衣子先輩、大井先輩、村井先輩、湯本先輩、今出先輩、三露先輩、秋場栄美佳先輩、辻井先輩、伊藤
text…伊藤

年に一度の全国大会、学習院も参加してきました


8日の深夜に東京を出発し、朝、能登に到着しました。
行きも帰りも車の中ではしりとりや地元トークなどで盛り上がりました。
人生でこれほど長いしりとりをしたことがあるだろうか、いやない。

のときんぷら
本部は「ホテルのときんぷら


お昼から開会式が始まりました。さすが全国大会、東北から関西まで、色んな大学が集まってます
被災された東北学院大学の方々も参加されていました。1日も早い復興を祈っています。

開会式
もう25回目の大会なんですね~


その後は懇親会

懇親会
レディースチーム

まなみん先輩
まなみん先輩。この頃、ずっとあっち向いてホイやってました(笑)

そして、各大学が渾身の一発芸を披露します。
立教の稲葉先輩の一発芸は面白かったです(^_^)

今出先輩
来年は学習院もなにかやりましょーね

協賛品の抽選会では、クーラーボックスやルアー、ステッカーなどをゲット
部室のステッカーを増やせそうです。


カレーを食べて、各種目ごとに宿泊地へ移動です

翌日に続く…




10/2 としまえんフィッシングエリア

member…今出先輩、内田くん、伊藤
text…伊藤

だいぶ前、今季オープン間もないとしまえんフィッシングエリアに突撃して参りました。

私は初TFAでした

久々のトラウトだったのですが、小さいながらも釣果を残すことはできてよかったです(^O^)


まずはオープン当日の今出先輩の勇姿から↓

TFA2011.10.01 今出先輩
ミシガンで

TFA デカニジ
デカニジ

TFA ブラウン
ブラウン

さすが今出先輩


てなわけで翌日2日…

朝一から3時間、内田くんと私はナイヤガラで。

TFA 内田
うっちーヒット!!

TFA 伊藤
私も一応写真を…

その後も今出先輩に教えてもらいながら、数釣りを楽しむことができました。

一方、今出先輩は開始10分でミシガンで60cmUPのニジマスを2本釣ったりと、好釣だったようです。写真がなくてすいません

今度はウエーダー持参でミシガンの大物を釣りたいと思います