09/28  2014年度 学釣連ヘラブナ大会

参加者・・・1年生の田中くん、内田
書き手・・・内田


行ってきました、へらぶな大会。
久しくブログは書いてなかったのですが、せっかく大会に出てきたので報告を兼ねて軽くではありますが書きたいと思います。
(注:今回写真はありません。。 詳細は関東学釣連のブログを参照願います。)


開催会場は例年通り府中ヘラブナセンター。
この大会、僕は4年連続の出場、そして今回は1年生も来てくれました!

当日の天候は晴れ、参加者は総勢15名。
今年からはルール変更があり、前半戦・後半戦各3時間での合計重量で競うものとなりました。休憩が出来てうれしい。

競技開始は午前8時。抽選で決まった釣り座で実釣スタート。
僕はとりあえず浅ダナ両ダンゴ(結局1日これで通した)。

1年生は初挑戦だったので、軽く仕掛けやエサの説明をして、あとは見て覚えてもらった。
(あまりお世話出来ず、すみません。。)
それでも、田中くんはしっかり釣果を残していました!


そして僕ですが


釣れない。。。 しょぼん。。。

いつもは朝の時間帯で釣果を稼ぐことが多かったのですが、なんだか拾う釣りしか出来ずで苦しい。
結局午後もパターンをつかめず。。
終了・・・

今回入賞は3位からだったので、正直入賞は厳しいと思った。



結果発表。

委員長さん「ルール変更で入賞は5位からとします」

僕7キロちょっとで5位入賞。
助かったあ笑


とこんな感じの大会でした。

ちなみに優勝記録は海洋大、竹内委員長の20キロオーバー、すごい!
前委員長との世代交代は成功、というかレベル差が歴然ですね笑


そして最後に、僕はこれが最後のヘラブナ大会でしたが、今後は優秀な後輩のみなさんが入賞することを期待して、この記事を書き終えたいと思います。





あと京王線と京王新線の違いで当日遅刻しました。
あと帰りの電車内で僕の日焼け顔を見たカップルがくすくす言ってました。



スポンサーサイト

9/4~9/7 夏合宿@神津島

member…
【4年生】
伊藤先輩、内田先輩、長谷川真先輩、鏡原先輩、村山先輩、菅原先輩、武田先輩
【3年生】
長谷川諒先輩、竹内先輩
【2年生】
樫尾くん、岡本くん、唐金くん、鍋島くん、加瀬くん、榎本くん、房さん、田中さん、天野さん、梅津
【1年生】
青野くん、田中くん、落合くん、加藤(ゆ)くん、加藤(り)くん、三宅くん、吉川くん、佐藤くん

text…梅津



遅くなりましたが、9月4日から7日にかけて夏合宿へ行ってきました。

場所は神津島!フェリーの終点です!



フェリーは夜11時に東京・竹芝桟橋を出港。目的地へと向かいます。
夏合宿


翌朝9時ごろに神津島・前浜港へ到着。蒸し暑いです。島に来たんだということを改めて実感しました。
夏合宿


海がきれい!
夏合宿


その後、今回宿泊先としてお世話になった民宿「平和荘」さんへ移動。大変お世話になりました。
宿に着いた際、にわか雨が降ってきたものの、それ以外は合宿全体を通して天気は良好でした。


荷物を宿に置き、再び前浜港へ向かいます。
各々準備をして釣り開始!

夏合宿

1年生は主にサビキ釣りを、僕は先輩方と共にジギングで獲物を狙いました。

開始して間もなく、1年生にアタリが。
釣れたのは、スズメダイ。

夏合宿

その他、アタリに波はあるものの様々な種類の魚を1年生は釣り上げていました。
夏合宿



午後になって、ムロアジが入れ食い状態に!クーラーボックスへ次々とムロアジが放り込まれていきます(笑)。
夏合宿

夏合宿


そして、我らが伊藤先輩にメジナがヒット!さすがです!
夏合宿


一方、午後に入ってもジギング勢は苦戦を強いられていましたが、ここで村山先輩にカンパチがヒット!
しかし、写真がない!ごめんなさい!

夕方まで粘ったものの、残念ながらジギング勢は村山先輩を除いてボウズという結果に終わりました…無念。
1年生は皆魚を釣り上げることができ満足そうでした!

その後、宿へ戻り夕食を食べました。先輩方が釣り上げたカンパチとメジナも食卓に並び、皆で美味しく頂きました。ごちそうさまでした!

夕食後、一部の人々は夜釣りへ。オジサン(人ではない)が釣れていました(笑)。




そして、迎えた3日目。この日はそれぞれ思い思いの1日を過ごしました。
夏合宿
夏合宿
夏合宿





この日の夜は花火&懇親会を行いました!夏の思い出!
夏合宿
夏合宿
夏合宿







遂に最終日を迎えました。あっという間です!

最後に港での集合写真!
カメラマンをしてくださったおまわりさん、ありがとうございました☆
夏合宿

部員同士の仲を深めることができた、とても充実した4日間であったと思います。
参加された皆さん、お疲れさまでした!


最後に、合宿の手配をしてくださった主将の長谷川諒先輩、ありがとうございました!