8/25 8月月例釣行@大黒海釣り施設


参加者(敬称略)
【3年生】
加瀬
【2年生】
青野、田中(歩)、加藤(悠)
【1年生】
遠藤、深町、宮田、森島

文…青野


どうもこんにちは。夏真っ盛りの中、皆様いかがお過ごしでしょうか。8月月例釣行の模様をお伝えしたいと思います。

本来は横浜から渡船に乗って横浜沖堤防の第一新提に行く予定だったのですが、あいにく台風の影響で渡船が運休となってしまい、やむなく横浜港を挟んで反対側の大黒海釣り施設へと赴きました。鶴見駅からバスで30分、横浜ベイブリッジを望む眺めの良い施設です。
空はあいにくの曇り空でしたが、まだ炎天下よりはマシかも。

さて、今年の一年生はほぼ全員初心者。諸事情あって、今年はこれまであまり竿友会の活動としての釣行を行えていないので、本格的な釣りは今回が初めての人も多いはず。リールの使い方、糸の結び方などから指導します。
今回使用するのは毎度お馴染みサビキ仕掛け。仕掛け投入後のタナとりや誘いなどは、自分よりよっぽど精通している加藤と田中に任せます。
しばらく仕掛けを上下させていると……

image5_20150826153511368.jpg

image4_20150826153510a2d.jpg

image3_20150826153847337.jpg


ポツポツと連れ出したのはサッパくん。東京湾の防波堤ではお馴染みですね。岡山名物「ママカリ」の正体はこいつです。


一年生に負けじと釣りまくっていらっしゃるのは我らが主務、加瀬さん。バケツがどんどんと埋まっていきます。

image2_201508261538452da.jpg


しかし、寝てもさめてもサッパ、サッパ、サッパ。たまに何やら違うのが上がってきたなと思ったらヒイラギ。この前の磯子で散々釣ったのでもう結構です……
サビキのコマセに釣られ、海面付近にかなりの数のサヨリが群がっているのがはっきり見えるのですが……サビキの針が大きすぎてさっぱり食ってくれないのはお約束。誘ってみるとたまに間抜けなのが掛かってくれたりしましたが。
午前中はそんな感じでしたが、午後になると小さなマルアジやサバも交じり出しました。そんな中、何やらややスマートな魚影が。

image3_201508261535099a8.jpg


なんとシロギス。どうしてサビキ仕掛けにかかったのやら……
他にも、4~50cmはありそうなボラが掛かったものの、案の定バラしてしまったり、加瀬さんがカマスを釣ったりしながら時間は過ぎていきます。一時はかなり激しいにわか雨に見舞われましたが、割とすぐにやんでくれて良かったです。

我々二年生三人はサヨリ用のウキ仕掛けにサシアミをつけてサヨリ狙い。タナが海面近くのためウキ下が非常に短く、ピンク色のエサが海中に消え、それに釣られてウキが滑るように沈んでいく様子がはっきりとわかるのがこの釣りの醍醐味です。
自分も田中に仕掛けを頂戴してそれなりに数を稼ぐことができました。三人でまとまった数を釣ったところで納竿です。

image1_20150826153848988.jpg


最終的に
サッパ    123
サヨリ     34
アジ      11
サバ       4
シロギス    1
カマス     1
キュウセン  1
ヒイラギ    4
フグ      1
という結果になりました。サッパは一日中一貫して釣れ続け、そのほかの魚種もちらほらと姿を見せてくれました。
とりあえず、一年生にまとまった数を釣らせてあげられることができて良かったと思います。写真をとって頂いたりした施設の方、ありがとうございました。
帰りはベイブリッジ経由の横浜駅行きのバスに乗ったのですが、疲れていてあまり景色を楽しむ余裕はありませんでした……


最後は、加藤宅にて調理された魚の写真で締めたいと思います。お疲れ様でした。

image2_20150826153657597.jpg

image1_20150826153656bc9.jpg

スポンサーサイト