10/30 10月月例釣行@天空橋

参加者(敬称略)

【3年生】
加藤(悠)、青野、田中(歩)、三宅、吉川
【1年生】
岡田

他OB2名

文…青野


こんにちは。寒くなってきましたね…
今回は「もっと初心者でも数が釣れる釣りがしたい」との要望にお応えして、多摩川河口でハゼ釣りです。その割には参加者が少ないのはどういうことなんですかね…

天空橋の駅に集合し、海老取川と多摩川の合流地点付近に向かいます。
海老取川は羽田空港がある島と、穴守稲荷の町並みを隔てる川。多摩川の対岸は神奈川県川崎市の工業地帯。
遠くに羽田空港の建物と発着する飛行機、モノレールなどを望む独特の景観の中でのんびり竿を出します。

写真 2016-10-30 10 34 23

写真 2016-10-30 12 01 09


しかし、アタリは割と頻繁にあるものの、なかなかの餌取り上手で空針だけが帰ってくる始末。それに加えてどうも頻繁に群れで移動しているようで、ヒットポイントがコロコロ変わります。上手く数を稼げるかは個人の腕の見せどころですね。

写真 2016-10-30 11 26 29


そんな中、1人で無双しているのは田中。2匹掛け3匹掛けは当たり前の模様。
マハゼは腹が銀色なのですぐに区別がつきますが、それに混じってたまに上がってくる黒っぽい小さなハゼの正体は、釣り人には「ダボハゼ」でおなじみのチチブ(もしかしたらヌマチチブ)です。

写真 2016-10-30 12 55 57


川辺にはおこぼれを狙うこんな奴らの姿も。釣り上げるのを目にすると一目散に寄ってきます。
しまいにはカバンの中に鼻を突っ込み始める始末。バケツの中身を食われないようにしなければ…

写真 2016-10-30 12 56 53


全部で50匹ほど釣り上げましたが、おそらく半数以上を田中が釣り上げたと思われます。

写真 2016-10-30 14 15 50


寒い中皆さんお疲れ様でした。
たかがハゼ、されどハゼ。たまにこういう釣りをしてみると、ハゼも立派なゲームフィッシュであることに気付かされます。

さて、自分の任期もあとわずか。ブログ担当も後継を見つけねば…
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する