11/13 11月月例釣行@BerryPark in FISH ON! 王禅寺

参加者(敬称略)

【3年生】
加藤(悠)、青野
【2年生】
髙野、藤澤
【1年生】
青柳、岡田


文…青野


冬です。トラウトの季節です。
そんなわけでやってきたのは毎度お馴染み王禅寺。電車釣行組にとってはよくお世話になるありがたい場所です。

今回も下級生はほぼ初心者。まずは基本のスプーンで攻めてみましょう。
しばらくは混雑を避け一番下のサブロー池でやっていたのですが、どうも渋いので混雑の間隙を突いてジロー池へ。
今日は活性が高めのようで、移動後は初心者でもスプーンの色を定期的に変えていくと結構な頻度で食ってきます。

写真 2016-11-14 10 20 10

写真 2016-11-14 10 20 18

写真 2016-11-14 10 20 15 (1)

写真 2016-11-14 10 20 20
※掲載した写真の魚は全て持ち帰っておいしく頂きましたが、リリースする場合は必ず手を濡らしてから触るようにしましょう。


一部のメンバーは日が暮れるまでたっぷり楽しんだようです。初心者にもそれなりの型が釣れてなにより。

写真 2016-11-14 10 20 26

写真 2016-11-14 10 20 30


さて、釣れたサカナはおいしく頂くのが当会のモットー。トラウトは捌きやすくて助かります。
調理の仕方も部員によって三者三様。

写真 2016-11-14 10 20 32

写真 2016-11-14 10 20 36

写真 2016-11-14 10 20 53

写真 2016-11-14 10 20 56

写真 2016-11-14 10 20 58

写真 2016-11-14 10 21 01


さて、なんだかんだ2年近くブログの記事執筆を担当してきましたが、代交代に伴って自分が釣行の記事を書くのは今回が最後となる予定です。つたない文章でしたが、今までお付き合い頂きありがとうございました。
これからは後輩達がブログを運営していってくれることと思いますが、引き続き覗きに来て頂ければ幸いです。

10/30 10月月例釣行@天空橋

参加者(敬称略)

【3年生】
加藤(悠)、青野、田中(歩)、三宅、吉川
【1年生】
岡田

他OB2名

文…青野


こんにちは。寒くなってきましたね…
今回は「もっと初心者でも数が釣れる釣りがしたい」との要望にお応えして、多摩川河口でハゼ釣りです。その割には参加者が少ないのはどういうことなんですかね…

天空橋の駅に集合し、海老取川と多摩川の合流地点付近に向かいます。
海老取川は羽田空港がある島と、穴守稲荷の町並みを隔てる川。多摩川の対岸は神奈川県川崎市の工業地帯。
遠くに羽田空港の建物と発着する飛行機、モノレールなどを望む独特の景観の中でのんびり竿を出します。

写真 2016-10-30 10 34 23

写真 2016-10-30 12 01 09


しかし、アタリは割と頻繁にあるものの、なかなかの餌取り上手で空針だけが帰ってくる始末。それに加えてどうも頻繁に群れで移動しているようで、ヒットポイントがコロコロ変わります。上手く数を稼げるかは個人の腕の見せどころですね。

写真 2016-10-30 11 26 29


そんな中、1人で無双しているのは田中。2匹掛け3匹掛けは当たり前の模様。
マハゼは腹が銀色なのですぐに区別がつきますが、それに混じってたまに上がってくる黒っぽい小さなハゼの正体は、釣り人には「ダボハゼ」でおなじみのチチブ(もしかしたらヌマチチブ)です。

写真 2016-10-30 12 55 57


川辺にはおこぼれを狙うこんな奴らの姿も。釣り上げるのを目にすると一目散に寄ってきます。
しまいにはカバンの中に鼻を突っ込み始める始末。バケツの中身を食われないようにしなければ…

写真 2016-10-30 12 56 53


全部で50匹ほど釣り上げましたが、おそらく半数以上を田中が釣り上げたと思われます。

写真 2016-10-30 14 15 50


寒い中皆さんお疲れ様でした。
たかがハゼ、されどハゼ。たまにこういう釣りをしてみると、ハゼも立派なゲームフィッシュであることに気付かされます。

さて、自分の任期もあとわずか。ブログ担当も後継を見つけねば…

7/10 学釣連ライトルアー交流会@平塚

参加者(敬称略)

【4年生】

【3年生】
加藤(悠)、青野、田中(歩)
【2年生】
岩村、髙野、土屋、藤澤


文…青野


こんにちは、一気に暑くなりましたね。もうすぐ夏。釣りに行きたくなる季節です。

さて、これまた毎年恒例の学釣連ライトルアー交流会に、先日参加して参りました!
ですが、日程が試験前になってしまったこともあり、1年生の参加者がゼロ…残念。
今年もお世話になったのは、平塚の「浅八丸」さんです。素晴らしい天気!

蜀咏悄 2016-07-12 21 48 17


みんなで船に乗り込み出港です。いざ戦わんかな(?)
暑いですが、船の上だと潮風が心地よいですね!

蜀咏悄 2016-07-12 21 47 40

蜀咏悄 2016-07-12 21 46 59

蜀咏悄 2016-07-12 21 48 22


今回はメタルジグを使用してのジギングでサバを狙います。
船の先端に陣取るジグサビキ勢に、一投目から食いついてきたのは…

蜀咏悄 2016-07-12 21 47 55


イワシでした!
その後、我らが主将がサバ一番乗りを果たすと、先端組はポツポツ上げている様子…
ですが、自分を含め後方組にはアタリすらありません。

蜀咏悄 2016-07-12 21 47 03


と、ここでナブラです!鳥さんがいっぱいならお魚もいっぱい。釣り人は血が騒ぐのです。

蜀咏悄 2016-07-12 21 47 17


やがて、ようやく自分にもガツンと来た!と思ったら、あっという間にバラしてしまいました…
その後も、船中入れ食いなのに自分だけアタリがない…なんてこともあって、むなしくボウズ(泣)。悲しい…
まあ、主将ですら4匹だったんだから全体的に渋めだったってことで…(負け惜しみ)

帰港後、みんなで記念写真。傷みやすさに定評があるサバのこと、素早くクーラーから出し入れします。

蜀咏悄 2016-07-12 21 47 36


題:主将とゴマサバ

蜀咏悄 2016-07-12 21 48 29


題:瞳が見つめるもの

蜀咏悄 2016-07-12 21 47 49


さてさて、ここで浅八丸さんの秘密兵器(?)が登場。

蜀咏悄 2016-07-12 21 47 52

このサバの数々が一瞬にして…

蜀咏悄 2016-07-12 21 47 44

こうなります。何がどうなったのか知りたい方は、ぜひ浅八丸さんで釣りをして自分の目で確かめてみてください(宣伝)。
浅八丸のスタッフの方々、学釣連の企画運営担当の方、ありがとうございました!


最後は各家庭で調理されたサバ料理の数々で締めさせていただきます。
みんな試験頑張れ~!(他人事)

蜀咏悄 2016-07-12 21 48 37

蜀咏悄 2016-07-12 21 48 56

蜀咏悄 2016-07-12 21 48 54

蜀咏悄 2016-07-12 21 48 59

6/5 学釣連バス教室@宮城アングラーズヴィレッジ

参加者(敬称略)

【3年生】
青野、田中(歩)、田上、吉川
【2年生】
深町、藤澤、宮田、森島
【1年生】
岡田、鈴木、宮本

文…青野


こんにちは。今回は6月の月例釣行として、毎年恒例、学釣連のバス教室に参加してきました!
今年で第4回となります。
会場は宮城アングラーズヴィレッジさん。宮城県ではなく群馬県前橋市にあります。

学釣連支部長でもある田中のあいさつの後、グループに分かれ、講師の方に実際に釣り方を教えて頂きます。
使用するルアーは、「イモ」と呼ばれるその名の通りイモムシ型のワームです。

写真 2016-06-06 15 55 11


この日は魚の活性が高く、投げてゆっくり巻いてくるだけで頻繁にヒットしました!ルアー初体験の一年生も楽しめたのではないでしょうか。

写真 2016-06-05 10 53 36

写真 2016-06-05 15 11 46


午前中の講習ののち、今年初の試みのBBQタイムです!
量が多くて食いきれない…

写真 2016-06-06 15 54 31

写真 2016-06-06 15 55 05

写真 2016-06-06 15 54 49


恒例のジャンケン大会も開催。「ジャンケンの学習院」の名を見せつけてやりましょう。

写真 2016-06-06 15 54 46


午後は個人での自由な釣りです。あまりにもたくさん釣れるので経験者は少々飽き気味の様子。

写真 2016-06-06 15 55 02

写真 2016-06-06 15 55 15


その後、みんなで集合写真を撮って終了となりました。
講師の方々、アングラーズヴィレッジの方々、学釣連役員の方々、ありがとうございました。

3/24 3月月例釣行@佐島沖堤防

参加者(敬称略)
【4年生】
長谷川
【2年生】
青野、加藤(悠)、田中(歩)
【1年生】
遠藤、大橋、土屋、藤澤、宮田、森島、山口

文…青野


こんにちは。暖かくなったり寒くなったりと正に三寒四温の季節ですね。
サカナたちも少しは元気になってきたであろう、ということで、3月の月例釣行に行って参りました。
行き先は三浦半島、逗子からバスに揺られること30分の佐島より渡船で渡った先の佐島沖堤防です!一年生がたくさん来てくれて嬉しい限り。

が、いざ現地に着いてみると低い気温に冷たい雨と風。予報では晴れだったのに…
来てしまったものにはしょうがないので、とりあえず投げ釣り仕掛けの準備を始めます。手がかじかんで糸が結べない、イソメが針に刺さらない…

写真 2016-03-24 9 26 27

写真 2016-03-24 9 34 04

写真 2016-03-24 9 34 00


とりあえず主将が試し投げ。すぐに掛かったのは毎度お馴染みキュウセンくん。緑っぽいのでオスの個体。
続いて「メゴチ」の通称でおなじみネズミゴチ。粘液がすごいです。実はコチの仲間ではありません。

うーん、外道ばっかだしひたすら寒いし…とテンションがダダ下がりのところ、田中が待望のシロギスをゲット!いいサイズです。

写真 2016-03-24 9 57 05


これは行けるんでね?ということで一年生も次々にちょい投げ。とりあえずキュウセンやメゴチといったあたりはひっきりなしに釣れてきます。
そんな中、一年生シロギス一番乗りは遠藤くん!メゴチとの二匹掛け。

写真 2016-03-24 10 20 13


続いて藤澤くんも。こちらはキュウセンが一緒です。

写真 2016-03-24 10 24 25


その他の一年生も何かしらは釣れていました。ウミタナゴやササノハベラ、クサフグの姿も。

写真 2016-03-24 10 26 40

写真 2016-03-24 10 28 55


主将もシロギスをゲットしたようです。

写真 2016-03-24 10 30 17


皆の釣果の写真を取るのに走り回っている間、放置していた仕掛けをあげてみるとこの通り。僕も無事お土産ゲットです。
このサイズが揺れない地面の上からあっさりとゲットできるのはいいですねぇ。

写真 2016-03-24 11 15 18


この頃になると雨も止み、視界も晴れてきました。風が強く寒いのは相変わらずですが…

写真 2016-03-25 1 02 34


そんな中、探り釣りをしていた長谷川さんがドンコをゲット!ほとんど知られていませんが標準和名はエゾイソアイナメといいます。こちらもカサゴ目のアイナメとは全く別の種類で、タラ目のチゴダラの仲間。どちらにしろ食べれば美味しいのには変わりありません。


続いてカサゴもゲットしていらっしゃいました。こちらもなかなかのサイズ。

写真 2016-03-24 13 53 58


同じく遠藤くんはちびメバルをゲット。根魚は成長が遅いためリリースしました。
リリースする魚に触る際は、手を水につけて冷やしてからにしましょう。

写真 2016-03-24 12 53 46


あっというまに時間も過ぎ、そろそろ撤収の時間…という段になって、自分の置き竿を持ち上げてみるとなんか重い…シロギスではなさそうです。
やがて上がってきたのは…

写真 2016-03-24 14 24 41


カワハギでした!最後の最後に良いものをゲット。
迎えの船で撤収です。


厳しい天候の中での釣りとなりましたが、やはりそこは腐っても沖堤、全体ではそれなりの釣果となりました。
持って帰った魚を調理した人も結構いたようです。自分で釣った魚の味はやっぱり格別ですよね。
皆さん寒い中、お疲れ様でした!

写真 2016-03-25 1 01 25


来週からはいよいよ新歓がスタート。頑張って新入生をたくさん入れましょう!
果たしてこの記事をご覧になっている新入生の方がいるのかわかりませんが、明日明後日にはこちらのブログに新歓の案内を載せますので、タイミングを見計らって是非もう一度覗きに来てみてください!